平成28年度、エクステンションセンター長を拝命いたしました看護学科の大城凌子です。
本学に、エクステンションセンターが設置されて3年目を迎えました。エクステンションセンターの目的は、より一層地域との連携を図り、地域貢献を推進していくことです。

   これまでは、北部生涯学習推進センターとして、地域住民のためのスキルアップ講座やカルチャー講座、各種資格試験、企業・自治体職員の研修等、住民のニーズに応じた生涯学習支援事業を行ってきました。
 また、学内においても、総合研究所をはじめ、健康・長寿サポートセンター、看護実践教育研究センターなど、各部署、各センターで地域貢献事業の窓口が分散している状況がありました。2013年にエクステンションセンターが設置されたことにより、エクステンション・プログラム(公開講座、出前講座、学習支援、健康支援、高大連携等々)の体系化と、一層効率的な地域貢献が期待されています。
  これまでは、北部生涯学習推進センターとして、地域住民のためのスキルアップ講座やカルチャー講座、各種資格試験、企業・自治体職員の研修等、住民のニーズに応じた生涯学習支援事業を行ってきました。
  エクステンションセンターは、これまでの事業を継続しながら、さらに、各部署との連携を図り、それぞれの地域連携プログラムを統括し、地域貢献連携の総合窓口としての役割を担っていきます。
 今年度、@本学の設置団体である北部広域市町村圏事務組合との連携の強化、A地域貢献事業に関するプログラムの統括と総合窓口としての組織体制の整備、 Bエクステンションセンター施設(北部生涯学習推進センター施設)の効果的な管理運営に向けた整備を重点に、引き続き取り組んでいきたいと考えます。
本学の研究・教育を通して、地域の活性化や発展へ貢献することができるよう、エクステンションセンター機能の充実に努めてまいりますので、今後ともご支援、ご協力くださいますよう、よろしくお願いします。




最新情報

2016.04.20 cocplusパンフレット『新たな地域社会を創造する「ミライカナイ」のご紹介』
2016.0.0  

2016.0.0   

2016.0.0   

2016.0.0   

2016.0.0   

2016.0.0   

2016.0.0   

2016.0.0   

2013.04.26 エクステンションセンターホームページ開設しました


▲ページトップに戻る